maiko様の舞妓体験

一体どんな自分になるのだろう?

そんな予測のつかない不安と期待の混ざった気持ちでお店に入った約1時間半後、私は夢のような世界にいました。
鏡の中には、メイクと着付けとかつらで着飾った別人の自分が!

変身とは、まさにこのようなことを言うのですね。きっと私の知り合いが見ても誰1人わからなかっただろうと思います。

着替えた後は、人力車で周辺を散策という非日常の世界。
間もなく魔法は解けましたが、今でも夢の中にいたようにほのぼのとした感覚です。

おかげさまで、明日からまた頑張ろうという気持ちになりました。素晴らしい時間をどうもありがとうございました。